スポンサーサイト

スポンサーサイト   File Number ------.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊川哲也 語録② 【保存版】 

熊川哲也 語録② 【保存版】    File Number 3420070404.

「雨が降ったら、ジャンプ傘」

「はじめてのときは、踊れるなんて思わなかったよ」

「信じられる? 僕が人の踊りで感動するなんて!」

「ねえ、そんなことより、僕と踊り明かさない?」

「僕は小さい頃、歩く前から跳んでいたらしい」

「悪夢でもいいから君の夢に現れたい」

「千鳥足から生まれた振り付けがある」

「僕はシャル・ウィー・ダンスを認めない」

「擦り傷を作ってもいいけど、公演までには完治させるように」

「君のジャンプは、地に足が着いていない」

「一目ぼれ以外に、恋する方法を知らない」

「ほら、空気を味方につけてごらん」
「ミューズの憑依する瞬間が見えたかい?」

「真剣さが伝わるくらい不真面目にやってみて」

「君の唇は赤すぎる」

「ほら、空気を泳ぐ音が聞こえるだろ?」

「靴を見れば、その人の腕がわかる」

「この夜景は、僕を照らすスポットライトだ」

「カーニヴァルのように踊り狂っていいんだよ」
「運命なんか飛び越えて!」

「今のはジャンプじゃなくて、ホップだね」
「今のはジャンプじゃなくて、マガジンだね」

「眠りに落ちるときのような気分で踊ってみて」
「顔を上げるだけで見えてくるものはたくさんある」
「だから空だけは、何度も飽きずに見上げることができるんだ」
「バレエ以外のことで、汗をかきたくない」

「サマーと言えば、バレエでしょ」

「愛の女神と踊り明かしたい」

「世界の共通語は、愛。だから中国語だって話せる」

「もうちょっと僕は売れていいはずだ」
「未来の自分にジェラシーを感じることがある」

「エトランジェは、天使になるってことなんだ」

「イーストサイド・ストーリーを僕は生きている」

「リズムはカラダだけじゃなくて、ココロにも刻まなきゃ」

「雨の中を踊るのも、悪くない」
「湿気があると跳躍に誤差が出る」
「流れるのは、涙なのか、汗なのか。それとも雨なのか」
「初めてのキスは、バレエの汗だった」

「鏡は心も映し出す」

「回転寿司に行くと、カラダがうずうずしてたまらない」

「夜は光に焦点が当たる。だから好きだ。昼は明るすぎる」

「勝てない才能も、枯れない才能も、ない」

「観客なんて照らさなくていい。僕だけを照らしてくれ」

「人は、どうして本当のことに気づかないんだろう」
「とろけるバレエって言われたい」
「観る人の心をかき乱すような踊りが、理想かな」

「手を叩く音が好きだ」

「眩暈がするときは、跳べばいい。小さなものならそれだけで振り払える」

「大股びらきって言葉に今でも反応してしまう」

「どんなに熱くても、太陽の光は全身で浴びたい」

「うだる夏より、おどる夏」

「ため息には、悲しさが込められている」

「地球よりも、早く回る」

「松岡修三は、センスがありそうだね」

「僕が踊る。胸が躍る」

「ダンス・ライク・ウォーキング」

「夜中の公園には、星のオーディエンスがいるじゃないか」

「星が見えないときは、僕が星になる」

「世界が終わるまでに、踊りつくしてやるんだ」

「小さい頃は狭い部屋でも気にせず踊ってた。ダンスにゴンってね
(笑)」
「シーソーに乗っているとき、ずっと上にいられればいいのに、って思った」

「光を求めるひまわりは、美しいと思う」

「誰になるかじゃなくて、僕になれれば、それでいい」

「小さな台風は、ジャンプでも起こせる」

「正しい「目」があれば、台風を起こせるんだ」

「雨だからって、そこまで憂鬱にならなくてもいいでしょう?」

「台風のときは外で踊ればいいじゃない?」
「台風だね。心をかき乱すけど、本人は平気」

「セミは努力が足りない。それで2週間って才能もないね」

「ロマンスというのは、相手ではなく自分の気持ち次第」

「僕の体から、流れ星が零れ落ちる」

「体の柔らかさ以上に、心のしなやかさが求められている」

「扇風機の前でも、風を感じることができる」

「先頭が好きだ。電車でも運転席をじっと見てしまう」
「一番風呂の快感は、一度知ったら忘れられないね」
「何でも貫けば、突き通せるんだ」

「盆踊りを馬鹿にしてはいけないよ」
「おどろおどろしい踊り」

「「木の葉が舞う」って、きれいな表現だよね」

「親善大使になら、いつでもなる準備があります」

「腰の振り方はダンスの一部ではなく、男の一部だ」

「孤独なダンサーの映画を作りたい」

「気持ちが揺れるのは、ダンスのせいだ」

「ジェットコースターはダンスの参考になる」

「瞳の美しさで、その人の心がわかる」

「醜いものは、見たくないんだ!」

「生まれたとき、大地に着地したような気分だった」

「芸能界にも、少しずつダンスが浸透してきたようだね」

「マツケン・サンバをプロデュースさせてほしい」
「KABA.ちゃんにちょっとだけジェラシー」
「マージーは、気にならないかな」
「最近、僕はみんなから忘れられているんじゃないかってたまに思うんだ」

「一公演まるまる、鳥肌が立ったまま踊ったことがある」
「寒気がするのは観客だけじゃない。僕は自分の踊りに震えているんだ」

「涙の数ではなく、こらえた数だけ、人は強くなれるんじゃないかな」

「ちょっと待てよ。僕が踊ってるんだぞ!」

「跳ぼうよ。だって楽しいじゃないか」

「罪にならない美しさは、ニセモノだ」

「信じることにためらいはいらない」

「じゃあ、なんでレコードもCDも「回る」んだよ?」

「舞い上がれ、僕の両足よ!」

「ダンスは、「ダン」ディなスタ「ンス」の略だから」

「(「状況に応じて」と聞いて)何、どこのプリンスだ!?」
「八王子? 王子? 気安くその単語を使わないでくれ」

「より早く、より高く、より強く。そしてより美しく。すべてバレエで満たせるじゃないか」

「最近やっと「テツヤ」と言えば「小室」じゃなくて、「熊川」になったよ」

「まなざしと光は、浴びられるだけ浴びていたい」

「ダンサー・イン・ザ・堕落」
「泡踊りなら、やってみたい」

「もう誰も止められないじゃないか」

「どんな時でもオルゴールの音色を聞くと、悲しい気持ちになる」

「王子の意味を考えたら、「星の王子様」なんて気安く言えないはずだ。カレーか、コーヒーか。僕はブラックであり、ちょっぴりビターで、目覚めだ」

「もっとわがままに生きてみようじゃないか」
「重力に抗(あらが)うために、僕は跳ぶんだ」

「だってあの空の青さを見たら、ガマンできないでしょ?」

「縄跳びは楽しいよね。あのリズム感がたまらない!」

「まだ僕がしゃべってないよね!」

「本当の僕は、これからだから」

「目まぐるしいときこそ、見苦しくならないように」
「グルルン、グルルン、で、はいジャンプ」
「見せる踊りじゃなくて、魅せる踊り」

「美しさの先には、僕しかいない」
「華麗ライス」

「美しさの基準は、顔だけじゃない」
「ちょっと静かにして。イメージが崩れちゃうから」
「グッジョブ。グッとくるジョブだったよ!」

「だからバレエを芸術として捉えているかの問題なんだって」
「バレエで食べていけるって言うのは、システムがうまく機能したからでもある」

「とにかく美しくなりたい、見せたいっていう情熱が原動力なんだよね」

「だから、テクニックというのは、最後の最後にはどうでもよくなってくるんだ」

「意識がなければいいものは作れない」

「本当はもっとうまくいくと思っていたんだけど」

「踊るって、それほど特別なことなのかな?」

「眩暈を覚えないくらい、回り慣れているか?」

「吐く息が白いって言うのは、とても象徴的じゃないか」
「だってそっちの方が、キレイじゃないか」

「もっとラジカルにターンして!」
「それじゃあ、ドラマティックさが足りないって、自分でもわかるでしょ?」
「眠いんだったら、僕を見て! まぶしいでしょ!!」

「空気が心のように澄んでいるね。」
「ため息が白くなって凍りつく」
「冬に薄着をするのは気持ちいい。空気が体に突き刺さっていくようだ」

「ダンサーとしてではなく、アーティストとして認められているのか?」
「アイ・アム・ア・ダンサー。イズ・イット・ファニー?」
「ガッデムじゃなくて、ジュテーム」

「眠らない夜はあっていい。でも眠れない夜は嫌だ」

「年越しの瞬間はジャンプしちゃうよね」

「やる気さえあれば誰でもプロデュースするよ」

「後世に名を残すのは、芸術家の義務でしょ」

「真善美にだけ忠実でありたい」

「ドラマは舞台で起こるんだ」
「今年も飛ばしていきます」

「シワがあってもいい。それを隠そうとしなければ」
「あぁ、オーディエンスの視線が突き刺さるぅ!」
「どうして僕のウォーリーは見つからないんだろう!」

「誰かに影響を与えるためには、まず誰かに影響を受ける必要がある」

「凍てつく雪なら、心を溶かせる」

「不自由を感じなかった今日は、「自由だ」って言っていいんじゃないの?」

「風邪を引いていなくても、僕は「マスク」をつけている」

「情熱を伝える手段は一つじゃない」

「有名税ってあるよね」
「それってマテリアルとして重要なの?」

「ジョーカーでもキングでもジャックでもなく、プリンシパル!」
「僕のダンスは、スパイラル」
「バ・レ・エ。なんて甘美な響きなんだろう!」

「冷たい風が、僕の頬に口づけをする」

「煙は視界をさえぎるから嫌い」

「賞賛も罵声も「絶対値」をつけちゃえば、すべて単なる「声」になる」

「本当は誰でも美しい。それをどうやって磨いているかが大切」

「ありのままの姿より、今の君の姿に興味がある」

「みんな、ライブドアに踊らされないで!」

「「舞って」って言ったんだ。「待って」じゃない」

「僕はバレエ界の太陽だ」

「落ちない流れ星のように跳んでいる」

「氷の力を借りずに、自分の力だけで跳ぶ。それが大切なんだと思う」

「緊張と緩和。それだけだ」

「いつか君は僕のもとに帰ってくる」

「美しいにもほどがある!」
「いまでも、たまに自分がわからなくなる」
「もっとスピリチュアルな部分を強調して!」
「イエス、イエス、ノー、ノー、違う、違う!」

「滑るだけで金が獲れるなら、芸人たちは大喜びだろう」

「ジャニーズのダンスは評価できる」
「なんていうのかな、ニュアンスの部分だよね」

「完全な真も、完璧な善もない。でも完成された美はあるはずだ」

「観客は自分だけを観ている。それぐらいの覚悟がなきゃね」

「春一番に最初に吹かれるのは、僕だろう」

「沈黙に包まれるとき、観客の視線を独り占めできる」
「心を鬼にすることもある。美しい鬼だけどね」

「免許書の写真が気に入らなくて、わざと紛失したことがあるくらいだからね」

「イナ・バウアーなら僕でもできる」
「君の言っていることには、美の概念が抜け落ちているよ」
「模倣による美は、どこか空しい」
「美学っていうのは学問なんだけど、同時に生き方でもあるんだよね」
「内面の反映が外面なのであって、その逆ではない」

「皆が僕に踊れって言うからだよ!」
「まいっちゃうときは、舞っちゃう」

「胴上げは、いつだって気持ちのいいものだと思う」

「向上という言葉だけは忘れないようにしている」

「君は、ホネホネロックをやりに、ここに来てるの?」
「ダンシング・ダンシング。君クイーン」

「スパイダーマンの方が、君より柔軟じゃないか!」

「繊細な花の上を歩いているようなイメージで」
「もっと手をなめらかに動かして。そう、あの雲のように」

「べレエ帽があるなら、バレエ帽があってもいいはずだ」

「それなら、君は踊り場で踊れるのか?」

「滑り台の上をターンして!」

「いいね。いいね。今のグッジョビュー」

「バレエの彗星は、100年に一度現れるか、現れないかレベルだよ」

「僕たちは、歌劇団というより、過激団かな」

「ヨガを取り入れることで、体に柔軟性が蘇ってきたね」

「今のもう一度やってみて!」

「(セレブという言葉に反応して)えっ? 呼んだ?」

「流れることを許されるのは、月日と涙と汗ぐらい」
「泣いた自分に泣いたことがある」
「鏡にガラスはいらない。目を閉じればそれでいい」
「目を閉じて踊れたら、この練習は終わりにしよう」

「水には人を美しくする効果がある」
「アスファルトがきらきらしているのは、僕の落とした欠片が光っているから」

「時間にこだわっているから、空間を自由に動き回れないんだよ」

「輝くっていうのは、動作じゃなくて状態だ」

「理解されるためには、自分を信じなければならない」

「長州小力のパラパラには、目を引くものがある」
「レイザーラモンはRGの方に見るべきものがある」

「いつでもジャンプみたいな。挑戦そのものがジャンプみたいな」

「踊り食い、面食い、入れ食い、なんでもござれだ」

「ほら、もっと美しい顔をして!」
「クルマのようなスピードで!」
「いいじゃない、いいじゃない。ちょっとしたミラクルだったよ」
「なに、なに、この空気? そんなに見とれないでよ」

「アイススケートの優れている点は、360度どこにも観客がいること」

「美とは受動的なもの。だから僕たちは、美を前にして息を飲む」
「美に限りがないように、僕らの可能性にも限りはない」
「本当に美しいものは瞬間にしか宿らない。いや、瞬間だからこそ美しいのだ」

「違うんだ。もっとソウルで考えて」

「吉永小百合はもう少しやせた方がいいよね」

「感動の表情と驚嘆のそれは、ひどく似ている」

「踊りはすべてを表現できる。しかし、それは踊りが完璧ということを意味しない」

「「まし」だとか、「多少」とか、そういう次元で踊って欲しくないよね」

「もっと顔を上げて。我が物顔で!」
「ふらふらしないように! 酔うのはバレエだけで充分」
「蝶のように「てふてふ」と舞って!」
「お遊戯じゃない。遊戯なんだよ」
「後姿でもちゃんと魅せて! そう。見返ってごらん!」

「「勝算は?」と聞かれたら、「賞賛だ」と答えるね」

「虹の向こうには、ばら色の人生が待っているんだ」

「「雫」という言葉の響きが好き」

「ビューティフルって言ってごらん。ビューティフルって」

「霧の日は、街の中を駆け抜けたくなる」

「「永遠」を越えられるのは、満ち足りた「一瞬」だけだ」

「意味のない問いはあるけど、意味のない答えは一つもない」

「「世界は自分のものだ」と言わんばかりに!」

「舞台を雲だと思って。僕らは天上人なんだよ!」

「この世界にもう一つの世界を造る。それがバレエだ」

「ロナウジーニョとRGの踊りは酷似している」

「ワールドカップで、大切な仕事を蹴る人間がいるらしい」

「走り続けていたら、いつのまにか独走状態だったことに気がついた」
「「日本初」なんて騒がれなくなった時、その分野は成熟したと言える」

「闘うことにそれ自体に意味はない。やりがいがあるだけだね。」

「言ってみれば、週刊ジャンプっていうよりも、瞬間ジャンプだね」

「愛は深淵。飛び込まなければ、その深さはわからない」
「刹那よりも切なく」

「人には伝えられない美しさを、みんな、心のどこかに持っている」

「日々の鍛錬を通して、人は美に近づいていくんだよ」

「マルセイユ・ルーレットぐらいで騒がないで欲しいな」
「引退を答えにするべきではない」

「飛んで僕に入る夏の虫」

「風のように速く、林のようにざわめく。火のように情熱的で、山のようにラブレターが届く」

「熱狂なんて覚めてしまえば、何も残らない」

「あの将軍は、さぞかし地団太を踏んだことだろう」

「心頭滅却すれば火もまた美し」

「「practice」という単語は、「練習」だけじゃなく「実践」も意味する」

「笑った顔よりも、真剣な顔の方が、多くの喜びを伝えることもある」

「雨は天使の涙だと思う」

「空に舞うベールのように踊れたらいいよね」

「「くまぇり」って僕のことかと思ったよ」

「澄み切った水を飲むと、心まで洗われる」

「高尚すぎる芸術って理解されないだよね」

「夢中になりすぎることが非難される世の中だからね」

「メガネをつけたまま、踊ることはできないものか」

「盆踊りには、ジャンプが足りない」

「おばちゃんたちは、いつ盆踊りを覚えたのだろう?」

「昨日立ち上がれたんだから、きっと今日だって大丈夫だ」

「同じことでも、繰り返すことで、美しくできるんだ」

「僕はバレエ界のナポレオン・ボナパルト」

「(イルカに向かって)君ならもっと輝けるはずだよ」

「太陽みたいに眩しすぎるのも考え物だ」

「弓を引いたときのように体をしならせて!」

「果てることはあっても、枯れ果てることはない」

「小泉首相は、いろんな意味で参ったね」

「日本の夏には、クールさが足りない」

「パステルっていうより、サイケデリック路線かな」

「人を見つめすぎてはいけないよ」

「ジャンプに失敗した時は、取り繕おうとしないこと」

「もう限界だと感じたときこそ、跳躍のチャンスだよ」

「君が醜いと感じたものを、僕は美しいと感じる。それが個性だよ」

「ぼくは太陽だから、冥王星がどうなっても関係ないよね」

「四六時中輝き続けるって、意外に大変」

「マゾヒスティックな芸術は少ない」

「僕が死んだら、きっと星座になるよ」

「裸になるのが好きだから、バスルームはすごく落着く」

「暗闇の中でも目を閉じない。必ず何かは見えるものだ」

「ボタンを押すように、地面をやわらかく蹴るんだよ」

「まっすぐな生き方よりも、しなやかな生き方を選んできた」

「空だって泣きたい。だから雨が降る」

「君と僕が共有しているのは、クマカワに対する愛情だよね」

「世界はどこかでみんなとつながってる。でもバレエはバレエだけのためにある」

「跳躍の瞬間なら、時間を止めることができる」

「つかんだ恋も、つかめなかった恋も、僕にとってはどちらも宝物」

「何のために踊っているのか。それは僕にもわからない」

「最期に聞く歌は、子守唄がいい」

「水面に映る自分に、恋をしてしまったことがある」

「息を止めている時の自分が好き」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://fmshow.blog74.fc2.com/tb.php/34-10d2182c
最安値商品を検索

日付クリックで その日の記事です
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新 語録 NEWS
全ての記事を表示
無料で楽しむ 動画&ゲームコミュニティ
リンク
月別アーカイブ
ジャニーズ♪ YouTube
YouTubeで検索

デイリーモーションで検索

Yahoo!動画検索

Webサービス by Yahoo! JAPAN
アイドル画像検索


何かあったらMailにて

名前:
メール:
件名:
本文:

コメント
トラックバック
RSSフィード
ヤフー芸能ニュース


メールフォーム SEO対策

私設応援団Ⅰ
私設応援団Ⅱ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。