スポンサーサイト

スポンサーサイト   File Number ------.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊川哲也 語録 ① 【保存版】

熊川哲也 語録 ① 【保存版】   File Number 520070403.

「コーヒーには「マリーム」だ。僕は違いのわかる男なんだ」

「地球を蹴って、僕は踊る。そして、地球よりも早く回る」

「火をつける方法は知っている。消す方法は知らない。ごめんね」

「要するに踊りなんだよ。駄洒落だって、踊りながら言えばサマになる」

「僕にとっては踊ってる方が自然。歩く方が、よっぽどぎこちない」

「ダンサーなんて呼ばないでくれ。僕はアーティストだ」

「僕のストーリーはいつだって、ハッピーエンドだ」

「太陽がまぶしいね。でもわかってるだろ、本当にまぶしい人は誰か?」

「僕のプリンシプルは、いつだってプリンシパル」

「高く跳ぶことそれ自体は、褒められることじゃない」

「スタンディングオベーション? 立たない客なんて、一度も見たことないよ」

「僕の汗は、踊るんだ」

「背伸びはしない。跳躍の時につま先を伸ばしてるけど、それは背伸びじゃないよ(笑)」

「挫折ってなに?」
「人生は踊りだ。どれだけ高く跳べるか。どれだけ美しく跳べるか。それだけだ」

「僕は王子様じゃない。プリンシパルだ。いったい何回言わせるんだ!」

「体と頭。両方とも柔らかくなければ、美しく踊れない」

「Vリーグなんて言う前に、バレエを見てほしい。でもそれ以上に、プリンシパルを見てほしい」

「ドン・キホーテとドン・ファンを合わせたのが、僕ってこと」

「真実を求めると言う意味では、アハスウェルスなのかもしれない」

「ダンシング・エブリデー」

「リズム感は、身につけるものじゃない。持っているか、いないか、だ」

「僕は、女神のために踊っている」

「高く跳ぶ秘訣は3つ。夢を持つこと。信じること。愛すること」

「「光」とか「あびる」って名前は、僕のためにあるんじゃないだろうか」

「目なんか回らない。世界を回すんだからね」

「もう目の前から消えてくれ。僕は君のことなど見えないんだ」

「自信なんてものは、与えられるものじゃない。自然と湧き出てくるものだよ」

「目の回らない僕の跳躍で、観客が目を回す。面白いね」

「好きなことをやってうらやましいとか、そういう問題じゃない。
天職なんだよ、好き嫌いに関わらず」

「僕はこの世界で夢を見る」

「人生は舞台。だから僕と踊ろうよ」

「ワイドショーは僕を、ほっときすぎじゃないか?」

「僕の背中には、羽根が生えている」

「えっ、シドニー・シェルダンが跳躍!?」

「ラストダンスは、自分と踊るよ」

「満月の夜は、裸で踊りたくなるんだ」

「鏡の中にもう一人の自分がいる」

「舞踏病なのかもしれない」

「ニジンスキーの生まれ変わりなんかじゃない。それ以上だから」

「筋肉痛は快楽だ。体の限界まで踊りたい」

「僕は好奇の対象ではない」

「君たちは僕に踊らされているんだ」

「ナイトの称号が欲しい」

「パパイヤ鈴木が、最近気になるんだよね」

「鏡の間に閉じ込められたい」

「ああ、もしこの世界が100人の熊川哲也だったら!!」

「夜にだって、太陽はある。僕だ」

「「熊」は、野心の大きさを表しているんだよ」

「階段を登る時は、絶対に右足から」

「お風呂に入る時も、絶対に右足から」

「鏡は映したいものしか、映さない」

「雨の日は、ビニール傘で、空を見上げる」

「誰かが人生意味を問うているとき、僕は人生の意味を跳んでいる」

「フィギアスケートは氷の力で跳んでいる。僕は自分の脚力のみで跳び
たい」

「サングラスなんて、かけないよ。みんなは一体何を隠してるの?」

「踊りは神聖なものだから、半端な気持ちで汚してはならない」

「僕の踊りを前にして、何人のダンサーが挫折したんだろう」

「人が悩む姿は、踊りに似ている」

「もう少し、人は深遠を覗き込むべきだ」

「跳ぶってことは、跳び越えること」

「時代のせいになんてできなよ。自分自身の問題なんだから」

「時代は僕の影だ」

「僕が大統領になったほうがいいんじゃない?」

「ホップ、ステップ、ダンス!」

「時代という名の狂想曲」

「今年も僕の1年だったね」

「大人の隠れ家なんて必要ないよ。僕の心はいつでもオープンハウス」

「空気は液体だ。だから泳ぐように跳べばいい」

「マスコミよりも、ニューズに魅入られたい」

「世界の深淵を軽々と飛び越える」

「もっとマスコミは僕を追いかけていいんだよ!」

「見られるのか、魅せるのか」

「ダンサーである前に、僕は一人の男でありたいって思ったんだ」

「今回は、音符になった気分だったね」
「「踊り疲れた」。そんな毎日を重ねていきたい」
「夢でも現実でも自由に踊れるようになれたのは、最近だね」
「寝食を忘れて踊ることはできない。完全な状態じゃないと踊れない」
「トランス状態って、無意識の計算だと僕は思う」

「生まれる時代を間違ったなんて、敗者の言い訳にすぎない」

「いつかは裸で踊りたい」

「手の動きを見れば、踊りの腕がわかるよ」

「論理の世界での飛躍は、許されてないんだよ」

「人生はギャンブルでもある。どれだけ自分のサイを投げられるか、だよ」
「跳躍力は、夢を見る力と似ている」

「流星とともに踊れたら素敵だね」
「星座になる夢を見た」
「タバコでも、ライトが好き」
「ダンサー・ビー・アンビシャス!」

「「詩は舞踏であり、散文は歩行である」って誰の言葉か知ってる?」
「答えは、ポール・ヴァレリー」
「『ミュッシュー・テスト』が新訳で出たよね。知ってる?」

「みんなもっと美というものに興味を持ったほうがいい」

「年越しの瞬間は、跳躍しないとね」

「氷の結晶がきらめく瞬間を感じよう」
「時よ止まれ。お前は美しいから」
「ゲーテ『ファウスト』の有名なセリフだよ。僕のじゃないよ」
「美は求めるものにこそ、与えられる」
「愛は美にささげられる花だ」

「世界が狂気だとしたら、僕は一番狂った存在でいたい」

「世界はまだ、踊るに値する」

「成熟した踊りというものに、最近、興味がある。若さだけじゃつまらないよ」

「踊りに、何をこめるかというよりも、何がこもるか、だね」

「足が筋肉痛の時は、心配になって眠れない」

「回転寿司が好き。寿司だって踊るんだ」

「天使よ踊れ、悪魔よりも蠱惑的に」

「芸術の最高形態は音楽だ。音楽に陶酔したダンサーは人間の最高形態
だ」

「赤が好き。赤もきっと僕のことを好きだろう」

「受け止めよ、ああ、この情熱を!」

「ふらついているようで、しっかりしている。僕の人生は踊りそのものだ」

「跳んでいるとき、人は嘘をつけなくなる」

「踊り始めは、癖が出る。永年やっていれば、それは個性になる」

「決め顔? もちろん意識してるよ」

「回転するということは、背を見せること。自分の弱さも、観客にさらけ出すこと」

「波に乗るより、空気に乗るほうが難しい。ダンスは、空気のサーフィンだ」

「バレエをやっていなかったら、棒高跳びで金メダルを獲っていただろう」

「高さには自信がある。跳躍とか夢とか志とか」

「Bリーグを作るかもしれない。美しさを競うスポーツは、もっとあっていい」

「夢の中で踊ることはない。踊りながら夢を見ているからね」

「自分の進む道。それに踊らされないように生きていきたいね」

「茨の道を歩いて生きた。これからもきっとそうだろう」

「僕が振り返るのは、ジャンプの時だけだ」

「バラは美しい。世界に対してすべてをさらけ出している」
「はかないものが、美しいのではない。美しいから、はかないのだ」

「何を見ても、自分を思い出す」

「鏡よ、鏡よ、鏡さん」
「僕が眠っても、才能は眠らない」

「バレーって言うな、バレエって言え!」

「踊り続けることは大変だ。でも、踊り止めるより、断然いい」

「中村獅童は歌舞伎に専念したほうがいい」

「松岡修造は、いろんな意味で食いしん坊だ」

「マイケルにダンスの新境地を感じるんだ」

「アンガールズのチャンカチャンカが、頭から離れない!」

「ラッキー池田に影響を受けた。認めたくないけど」

「ダンサーにしか、大地のありがたみは、わからないんじゃないだろうか」

「ライト兄弟が好きだ。初めて飛んだことは評価すべきだし、何よりも僕はライトが好きだからね」

「空の青さは、ダンサーだけが知っている」

「時間が足りない。時間よ止まれ!」

「もうすぐ春だ。あー、裸で踊りたい!!!」

「梅が咲いて、桜が咲く。なんて春は美しいんだ!」

「桜は散っている時が、一番好きだ。花吹雪。・・・たまらないね」

「プリンシパルでプリンスってのは、僕ぐらいしかいないんじゃないか?」

「ヒゲ・ダンスの影響を否定することはできないよ」

「まずは、体を動かそう。音楽を云々するのはそれからだ」

「くしゃみすると、体の芯がずれる気がする」

「花は好きだけど、花粉は嫌いかな」

「花粉も踊るんだね。気がつかなかったよ」

「花粉症になんか負けないでね。僕がついてるから」

「くしゃみをするときは、力を込めすぎないようにするんだ」

「疲れたときは、頭の中でダンスをイメージするとよい」

「酔拳をジャッキーに習いたいな」

「シャル・ウィー・バレエ?」

「一度も立ちションを、したことがない」

「酒よりも酔いしれるべきことが、この世には溢れている」

「プリンス・ホテルは僕の庭」

「ロックを活かしたバレエなんてできないものかね」

「春は、夜が美しい」

「僕がヌーディスト・ビーチで泳いだら大変なことになるだろう」

「ジャパネットたかたのテーマソングでも、僕は華麗に踊れる」
「できるかなのテーマソングでも、僕は華麗に踊れる」

「レギュラーのあるある探検隊に、たまに嫉妬する」

「ピエロになるなんて信じられない。自分の顔を隠すなんて!」
「顔は一つの才能だ」

「自らの力でどうにかなるところまで、ひとまずはがんばるしかない」

「行き止まりの壁を、僕は跳んできた。本当に跳び越えてきたんだ」

「好きな数字は「1」」
「好きな色はゴールド」
「好きな物は照明」

「限界なんてない。さっと飛び越せる」
「超越的なものは跳躍で手に入るんだ」
「地に足が着いているからこそ、高く跳べるんだ」

「酒は踊りに似ている。「まわる」か、「とぶ」か」

「「めまぐるしい」って言葉が、最近、気になる」
「いとおしい。くるおしい」

「雨の日でも晴れの日でも、楽しいよ」

「五月病は、踊って乗りきろうよ!」

「サルが二足歩行したのは、踊るためじゃなかろうか」
「小さい頃、蜂の求愛ダンスに夢中になったね」

「暴力は嫌い。蹴るのは大地で十分だ」

「美しさの意味を正しく理解している人は驚くほど少ない」

「舞い上がっちゃうなんて嘘だ。踊りはうれしさでやるもんじゃないよ」

「ますは跳ぶことだ。そうすればいつか踊れるようになる」

「回転するものは美しい。地球も含めて」
「地球は青かった。みんなも青い。成熟しようよ」

「後ろを向いている時でも、跳ぶ時は前向きな気持ちで」

「目が回らないようにするコツは、観客の目を回すことだ」

「ロマンスの数だけ、ダンスは美しくなる」

「明日には明日の踊りが待っている。というか、舞っている」

「場所なんて関係ない。踊った場所が舞台なんだ」

「四の五の言う前に、跳べ。見る前に跳べ」

「箪笥って聞いただけで、反応しちゃう」

「男子には反応しないかも」

「舞い舞い尽くしの毎日」

「ダンス・ダンス・レヴォリューションの欠点は、「跳ぶ」という要素が欠けていることだ」

「パラパラが、僕にはバラバラに見える」

「雨に踊れば」

「こんにちは、世界の哲也です」

「振り返るために、ジャンプする」

「めまいも息切れも動悸もない毎日」

「若い奴らには、しなやかさが足りない」

「若い奴らには、跳ぶ力が足りない」

「すべてのじゅうたんは赤であるべきだ」

「すべての生地はベルベットであるべきだ」

「僕の舞踏を見るとき、人は椅子を必要としない」

「タップダンスにも挑戦してみたい」

「たまにだけど、階段が鍵盤に見える。踏んじゃいけないところがわかるんだ」

「きりきり舞いで、てんてこ舞い」

「「キモカワ」の時代は終わった。これからは「クマカワ」の時代」

「写真は撮るよりも撮られる方が好きだね」

「まぁ、バレエ・エクササイズは邪道だね」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://fmshow.blog74.fc2.com/tb.php/5-e010fe72
最安値商品を検索

日付クリックで その日の記事です
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新 語録 NEWS
全ての記事を表示
無料で楽しむ 動画&ゲームコミュニティ
リンク
月別アーカイブ
ジャニーズ♪ YouTube
YouTubeで検索

デイリーモーションで検索

Yahoo!動画検索

Webサービス by Yahoo! JAPAN
アイドル画像検索


何かあったらMailにて

名前:
メール:
件名:
本文:

コメント
トラックバック
RSSフィード
ヤフー芸能ニュース


メールフォーム SEO対策

私設応援団Ⅰ
私設応援団Ⅱ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。