スポンサーサイト

スポンサーサイト   File Number ------.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オシム語録 理論と感性の両立

オシム語録 理論と感性の両立   File Number 6320070506.

気になる中村俊輔に対して以下のコメントをしている。

「中村が弱点を持っていたと答えればいいのか? 中村俊輔がどういうプレーをできて、どういうプレーをできないか、知っていて呼んだつもり。まず、マラソン選手ではない。しかし前よりも長い距離を走れるようになった。それから、アイデアがある選手だ。そして、彼も人間ですから疲れる。疲れればアイデアが出なくなる。改善点はプレーのスピードを上げること。彼ならばできると思う。自分でもできると彼は知っていると思う。今日の試合は彼にとっても難しい試合だった。数カ月ぶりの代表で気負いがあった。何か特別なことをやろうというプレッシャーがあった。1本1本のパスがナイスパスというのを狙っていた。しかし、世界中にそんな選手はいません。ですから、やればいいのは単純なプレー。天才ぶりを発揮するのは何回かに1回でいい。いつも天才であろうとすると結果は無残なものになる」。

ちなみに、彼が気になるようになったのはこの言葉からだ。

あなたは、息子さんを

最後まであきらめずに走る子供

に育てましたか?
もしそうでなければ期待をしない方がいいでしょう。
もしそうなら、私が責任を持って育てます。
>>>>>>>関連する記事
1941年5月6日、ユーゴスラビア(現ボスニア・ヘルツェゴビナ)サラエボに生まれる。60年ゼレツニカールでプロデビュー。64年にはユーゴ代表として、東京五輪に来日、日本戦でゴールを挙げる活躍を見せた。
 68年欧州選手権準優勝メンバー。78年にストラスブールで現役引退し、同年に古巣ゼレツニカールで監督就任。86年にユーゴ代表監督に就任するとストイコビッチらを育て、90年W杯イタリア大会でチームを8強に導いた。92年に辞任。パナシナイコス監督をへて、93年からシュトルム・グラーツの監督に。02年までに、3度の欧州CL出場を果たした。03年から千葉監督。05年には、クラブ初のタイトルとなるナビスコ杯優勝を果たし、06年7月に日本代表監督に就任した。
今日唯一良かったことは、
最低のプレーをした選手が全員だったということだ。

限界には、限界はありません。
限界の定義は何だと思いますか。
限界は個々の選手の目標で、
限界を超えれば、
次の限界が生まれるのです。


日本人はシステム論議が好きらしいが、
システムは保証でしかないことを理解したほうがいい。
システムの奴隷になってはいけないのだ。

無数にあるシステムそれ自体を語ることに、
いったいどんな意味があるというのか。
大切なことは、まずどういう選手がいるか把握すること。
個性を生かすシステムでなければ意味がない。
システムが人間の上に君臨することは許されないのだ。

ベテランとは、第2次世界大戦のころにプレーしていた選手。

でも、いいスタジアムを作るより、いいチームを作る方が少しだけ難しいです。

レーニンは、『勉強して、勉強して、勉強しろ』と言った。
私は、選手に『走って、走って、走れ』と言っている。

肉離れ?
ライオンに襲われた野うさぎが逃げ出すときに肉離れしますか?
準備が足りないのです。
私は現役のとき一度もしたことはない。

サッカーの試合とは絶対に一人では成立しない。君たちの人生も同じじゃないか。

スローインが自分達に有利だと考えているのなら間違いだ!
何故ならピッチの中には10人しかいない数的不利の状況なんだから。

1点負けているけれど、まだ試合には負けていない。

日本人は平均的な地位、中間に甘んじるきらいがある。
これは危険なメンタリティーだ。受け身過ぎる。
フットボールの世界ではもっと批判に強くならなければ。

シーズン初めの監督会見でも言ったが、
ヨーロッパのことわざに『最初の子猫は捨ててしまう』というのがある。
初めのことは当てにならないということだ。
逆に、「その日1日はその日の朝のようになる」ということわざがあるが、日本ではちょっと違っているようだ。
朝は晴れていても夜に雨が降るしね(笑)。

今日はしっかりプレーしたが、実際のところは運がよかった。
神様は信じていないから、何で勝てたかは分析するけどね。

アグレッシブさとは学んでいくものだし、学んでいくことが大事だ。
特に近代サッカーでは、ポジティブな意味でアグレッシブなFWが必要。
自分を犠牲にするような動きが大切になってくる。
たとえ顔面を切るような危険を冒してでも、チームのために体を張る。
もちろん、ゴールを守るべきポジションの選手にも、同じことが要求される。
サッカーとはきれいな白い手袋をはめてやるスポーツではないのだ。

「2対9。2人の方ではなく、9人の方が優先権がある。彼ら2人のためにチームがやるのか、彼らがチームに適応するのか。どちらがいいのでしょう。皆さんに聞きたい。2人も大事だが、私にとって、そのほかの選手も大事なんです。帰ってきた2人を楽な状況にしたい。過度の期待が周りからかかってると感じているかも。彼らも人間ですよ!」。

「勝つことも大事だが、その先に才能を伸ばせるかがもっと大事だ。20歳代の選手にはプライベートライフを100%サッカーのために捧げる覚悟を決めて欲しい。『楽しむこともサッカーも』ではうまくいかない」
>>>>>>>キーワードランキングチェック



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://fmshow.blog74.fc2.com/tb.php/63-0609af5f
最安値商品を検索

日付クリックで その日の記事です
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新 語録 NEWS
全ての記事を表示
無料で楽しむ 動画&ゲームコミュニティ
リンク
月別アーカイブ
ジャニーズ♪ YouTube
YouTubeで検索

デイリーモーションで検索

Yahoo!動画検索

Webサービス by Yahoo! JAPAN
アイドル画像検索


何かあったらMailにて

名前:
メール:
件名:
本文:

コメント
トラックバック
RSSフィード
ヤフー芸能ニュース


メールフォーム SEO対策

私設応援団Ⅰ
私設応援団Ⅱ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。