スポンサーサイト

スポンサーサイト   File Number ------.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長渕剛 8年ぶりの映画復帰

長渕剛 8年ぶりの映画復帰   File Number 7520070509.

長渕剛
1977年、シングル『雨の嵐山』で歌手としてデビュー。『順子』や『乾杯』、『とんぼ』、『しあわせになろうよ』などのヒット曲を持ち、また、俳優としては、『親子ゲーム』や『とんぼ』、『オルゴール』などのドラマや映画出演で知られる。血液型はA型。またソロアーティストとしてアルバム初登場一位獲得数12作品という記録をもっている。またソロアーティストでは井上陽水、槇原敬之とともにシングル売り上げ1000万枚を突破している。

鹿児島市立甲南中学、鹿児島県立鹿児島南高等学校を経て、九州産業大学中退。妻は元女優の志穂美悦子。長女である長渕文音が、2008年夏公開の映画「三本木農業高校、馬術部」(監督:佐々部清)の主役として女優デビューすることが内定し、今後注目される。

男のアクション見せちゃる!

 シンガー・ソングライター、長渕剛(50)が、8年ぶりの映画製作を表明した。長渕は8日、ニューアルバム「Come on Stand up!」(16日発売)のリリースコンベンションを東京・三田のウエスティンホテル東京で開催。デザイナーの山本寛斎氏(63)、大相撲の横綱朝青龍(26)ら各界の著名人が参集する中、映画監督の深作健太氏(34)との共闘プランを明らかにした。
>>>>>>>関連する記事
4年ぶりの新作をお披露目した壇上で、長渕が8年ぶりの銀幕復帰を表明した。

 この日は「Come on Stand up!」の16日発売を祝う大集会。山本氏が「そのけたたましいエネルギーで、世界に打って出ろ」と励ませば、朝青龍関が「日本のお兄さんになって」と頼み込むなど、400人もの参加者が思い思いに長渕へエールを送った。その中でも、長渕がひと際反応したのが健太監督からの一言だ。

「最近の僕は、女の子がヨーヨー投げたり(スケバン刑事?)とか、日々ふやけているので、長渕さんに鍛え直してもらいます」と健太監督。

 2人は健太監督の父、故・深作欣二監督を通し、以前から交流を深めてきた。きっかけは欣二氏がTBS系ドラマ「とんぼ」(昭和63年)でヤクザ役を演じた長渕を、「今時、ちゃんとチンピラができる役者だな」と称賛。それを健太監督が長渕に伝言してからの付き合いだ。

 そして、長渕は「実は、健太君とはいろいろと企ててまして、映画を作るつもりです。アメリカを思い切りぶっ飛ばすような、凄い作品をやろうと思っています」と宣言。実現すれば平成11年の「英二」以来の映画界復帰となる。

 健太監督は「今、日本映画は元気だと言われていますが、涙か笑いばかりで、父が愛した男のアクション映画は絶えて久しい。長渕さんの肉体を活かした、本気の格闘映画を作りたいです」と熱弁。これを受け長渕も「心して、身体を鍛えます」と約束した。

 全身全霊を込めた「Come on Stand up!」で、日本の音楽シーンを目覚めさせようとする長渕。今度はスクリーンで、大暴れしてくれそうだ。

 銀幕復帰の前にK-1デビュー? この日は登壇者のK-1のスター選手、小比類巻貴之(29)から「自分のセコンドに付いてください」と直訴された。全く予告なしの申し入れに、さすがの長渕も壇上で絶句したが、一呼吸置いて「勝てよ!」と快諾。「一緒にトレーニングやって、一緒に喜ぼう」と協力を約束した。
>>>>>>>検索ワードランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://fmshow.blog74.fc2.com/tb.php/75-0d597502
最安値商品を検索

日付クリックで その日の記事です
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新 語録 NEWS
全ての記事を表示
無料で楽しむ 動画&ゲームコミュニティ
リンク
月別アーカイブ
ジャニーズ♪ YouTube
YouTubeで検索

デイリーモーションで検索

Yahoo!動画検索

Webサービス by Yahoo! JAPAN
アイドル画像検索


何かあったらMailにて

名前:
メール:
件名:
本文:

コメント
トラックバック
RSSフィード
ヤフー芸能ニュース


メールフォーム SEO対策

私設応援団Ⅰ
私設応援団Ⅱ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。